モリンガを使ったバランスの良い食事を


Moringa recipe  ~モリンガレシピ~③モリンガたこ焼き

<粉ものに合う、モリンガパウダーの使い方>

 

パンやケーキ、クッキーや手作りローチョコに入れたりも良いですが、みんな大好き?たこ焼きに入れるのも見た目が綺麗でとってもおススメ。トッピングにモリンガリーフを散らせばオシャレ度アップ?!

【材料】・・たこ焼き20個分

○小麦粉 100g

○出汁(昆布やカツオ)400g

○タコ 適量

○モリンガリーフパウダー 3~5g

○モリンガリーフ (トッピング) 適量

 

 

たこ焼き機はガス式のIWATANIの ”炎たこ” を使用しています。

 

モリンガを小麦粉に加えたので、通常の小麦粉だけの生地よりも

ほんのり緑がかっているのが見えます。

 

炭水化物のたこ焼きも、モリンガパウダーをいれると途端に栄養バランスが期待できます◎

 

まあるく火が通り、焼きあがったらモリンガリーフを散らして完成◎

ソースとマヨネーズはお好みでどうぞ!


Moringa recipe ~モリンガレシピ~②モリンガの鞘のスープ

*このレシピは、モリンガを育てていて鞘が付いていた場合に是非試してもらいたいレシピです。

 

タイやフィリピンなどのアジア諸国では、モリンガは立派な『食材』として市場やローカルマーケットで売られています。モリンガの葉はすぐに枝からとれ発酵も早いためか、葉を市場で見ることはなかったですが、その代わり、鞘を束ねて売っている姿をよく見かけました。

 

使う鞘は細い未熟なものから、太く熟して色が茶色くなるまでであればいつでも使えます。

 

今回レシピで使った鞘は直径1㎝弱の細めの鞘を使いました。

*左の写真はイメージです

 

【材料】4人分

 

○モリンガの鞘 2~4本

○モリンガの葉(トッピング用)

○冬瓜 適量

○玉ねぎ 1/2個

○天然塩 小さじ2

 

①圧力鍋に冬瓜、玉ねぎ、モリンガの鞘を切って入れる。

モリンガの鞘は3~4センチの長さにする。

②水を800㏄前後入れ、蓋をして圧力をかける。沸騰したら弱火で5~7分煮たら火を止める。

 

③圧力が抜けて鍋の蓋を開けたら塩で味を調える。

④器によそって最後にモリンガの葉を散らして出来上がり。

 

とても簡単ですが、モリンガの出汁がばっちり効いていて滋養に良いまろやかで旨みたっぷりのスープになります。モリンガには天然の旨み成分「グルタミン酸」が含まれているので、シンプルな料理でも味に深みが増して美味しくなるんです。

 

*圧力鍋がない場合は普通の鍋でも代用できます。

*モリンガの鞘は繊維質なので、中の果肉や種を歯でこそいで食べるとなお美味しく召し上がれます。



Moringa recipe ~モリンガレシピ~ ①モリンガむーちー

 

むーちーとは、沖縄県で食される伝統的な餅粉を使った菓子の一つです。

 

沖縄の方言で餅をむーちーと呼び、サンニン(月桃)の葉で包んで蒸して作ります。

 

(今回、蒸し器がなかったので茹でて作りました。伝統的なむーちーと形も作り方も違いますが、家庭でも簡単に作れ、美味しいです)

【材料】4人分

 

○餅粉 400g

○モリンガパウダー 10g

○水  適量

○月桃の葉 あれば

 

①ボウルに餅粉とモリンガパウダーを入れよく混ぜて、水を適量足していき、こねます。

 

②生地がまとまってきたら丸く成形します。

③鍋に月桃の葉を敷き、沸騰したら餅を入れてしばらく待ちます。

 

④火が通ったら餅が浮かび上がってくるので、氷水につけて冷やします。

 

 

鍋に月桃を入れることで、餅に月桃の良い香りがほのかに移ります。

 

出来立てのモリンガむーちーを頂きます。月桃の香りと、モリンガの風味の栄養たっぷりのおやつです。

 

 

お好みで、豆乳ヨーグルトやハチミツをかけたり、しょう油をかけていただいても美味しく召し上がれます。

 

*保存は水を張った容器に入れて冷蔵庫に。時間がたつと固くなるのでお早目にお召し上がりください。



 

 

 

モリンガを育てると、ある時葉っぱが勢い良く付き始めます。

沖縄ではモリンガはお茶として数年前からあったのですが、葉っぱは調理に使うことがとってもお薦めです!

 

モリンガの葉っぱには、バランスのとれた高栄養素をはじめ、旨み成分のグルタミン酸が多く入っているのです!自然の恵みで、栄養素も多く、旨み成分も入っているなら使わない手はないですよね。

 

葉っぱは大体、スープやお味噌汁などの汁物や、炒め物によく合います。

それ以外にもお魚やお肉のトッピングにしてもいいし、彩もよく栄養価も高く、なんとお肉と合わせると脂肪が体につきにくくなる利点もあるそうです。

 

葉っぱ自体の味は、ほろ苦く、少しピリリとした刺激があるかもしれません(ワサビノキ科なので、ちょっとだけスパイシーです)が、沢山食べても気になる味ではないですし、1日に1食は取り入れたいものです。

 

ただし、モリンガを食べ過ぎると人によってはお腹が緩くなったり、リラックス作用で眠くなったりするので、運転前や作業前の摂取には量をお気を付け下さい。

夏にさっぱり 島豆腐とモリンガ、シークァーサー添え
夏にさっぱり 島豆腐とモリンガ、シークァーサー添え