モリンガの種 自家採取!

今日は天気が良かったので、干して乾燥させていたモリンガの鞘を開けてみました!

 

収穫しておそらく1、2か月は干していたであろうモリンガの鞘。インドなどでは若い鞘をカレーのダシにするみたいですが、ここではまだ貴重なので料理に鞘はまだ使えません。

 

この鞘は植木鉢で育てていたものを収穫しました。花はよく咲いたのですが、木も小さかったのか1本しか付きませんでした。

じゃじゃ~ん。

 

ぺりぺりと鞘を割ってみたら、立派な種がちゃんと入っていました◎どれもちゃんと発芽しそうです。

 

モリンガの種はふかふかのクッションみたいな繊維に包まれていて、種もずいぶんと気持ちよさそうです。

45センチくらいの鞘で、種は9~10個入っていました。種はまんまるで大きくて良質そうです。

ちなみにこれはインド産の種を発芽させた苗木からです。

今帰仁村に越してから初めてのモリンガの種の自家採取が出来ました。

 

今年もこの種を使ってまたモリンガを育ててみようと思います。

モリンガの種
モリンガの種
25℃以上の時期は3~5日で発芽
25℃以上の時期は3~5日で発芽
露地モリンガ約2ヶ月目
露地モリンガ約2ヶ月目
種から3か月目くらいで、花が咲きますす
種から3か月目くらいで、花が咲きますす
一度に沢山のつぼみが出来ます
一度に沢山のつぼみが出来ます
花から鞘が伸びたところ
花から鞘が伸びたところ
花が咲いた後鞘が付き始めます
花が咲いた後鞘が付き始めます
1本の木から沢山の鞘が出来ます
1本の木から沢山の鞘が出来ます
モリンガツリー 4、5か月目
モリンガツリー 4、5か月目
さし木したモリンガ
さし木したモリンガ