2017年は鞘が豊作☆

モリンガの鞘
モリンガの鞘

こんにちは!

今ちょうど、沖縄に台風が接近中です。

それにともない、モリンガの苗や木を殆ど剪定しました~。


我が家には、フィリピン産、タイ産、モザンビーク産、インド産と、色々な産地のモリンガが育っています。


中でもフィリピン産の大木には今年沢山の鞘がつきました。サイズも太くては長くてガッシリした、立派なものです。


剪定は、やっぱりしていった方が今後の成長にプラスになるようで、葉っぱのつきが良くない場合はいっそのことスッパリ剪定してみるといいかもしれません。


もう10月中旬なので、沖縄でも種まきはしない方が良さそうです。まだまだ日中は暑くて湿度も高いですが、モリンガはそろそろ休眠状態に向かいます。


さて、台風がなんともないと良いですが。沢山収穫したモリンガの葉っぱは近日中に使いきる予定です。あまりに沢山ある場合は泡盛に漬けても美味しい~薬用酒になります。


台風があけてから、剪定したモリンガがどうなったか、またお知らせしますね~。



モリンガの種
モリンガの種
25℃以上の時期は3~5日で発芽
25℃以上の時期は3~5日で発芽
露地モリンガ約2ヶ月目
露地モリンガ約2ヶ月目
種から3か月目くらいで、花が咲きますす
種から3か月目くらいで、花が咲きますす
一度に沢山のつぼみが出来ます
一度に沢山のつぼみが出来ます
花から鞘が伸びたところ
花から鞘が伸びたところ
花が咲いた後鞘が付き始めます
花が咲いた後鞘が付き始めます
1本の木から沢山の鞘が出来ます
1本の木から沢山の鞘が出来ます
モリンガツリー 4、5か月目
モリンガツリー 4、5か月目
さし木したモリンガ
さし木したモリンガ